眼科一般診療 日帰り白内障手術 コンタクトレンズ処方

〒277-0837 千葉県柏市大山台2-3モラージュ柏2F

TEL:04-7138-6341

糖尿病性網膜症

HOME»  糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症とは

糖尿病網膜症は、神経症や糖尿病腎症とともに糖尿病の3大合併症のひとつで、日本では成人で最も多い失明原因です。
網膜には、光や色を感じ取る神経や、栄養を補給するための細かい血管が張っています。高血糖状態が続くと、網膜の血管が詰まり出血を起こし、この症状が進行していくと失明に繋がっていきます。

糖尿病性網膜症の進行段階

  • 単純糖尿病網膜症
    初期段階の糖尿病性網膜症で、毛細血管の壁が圧迫されコブ(毛細血管瘤)ができたり、小さな点状出血や斑状出血を起こします。その際に蛋白質や脂肪などが漏れ、白斑として沈着します。(硬性白斑)この段階では血糖値コントロールが良くなれば改善につながります。
     
  • 前増殖糖尿病網膜症
    初期より1段階進行した状態で、毛細血管の血栓による酸欠状態の部分が多くなると静脈が腫れ上がり、毛細血管の形状が規則的でなくなります。また、軟性白斑というシミも多数現れます。この段階ではまだ視力に影響はありませんが、症状が進んでしまっている状態です。
     
  • 増殖糖尿病網膜症
    更に進行が進んだ状態で、既存の血管から分岐した本来なら無いはずの血管(新生血管)が硝子体に伸び、脆い新生血管が破れることで硝子体に出血を起こします。これらにより視野に黒い影が見える症状(飛蚊症)が現れます。また、網膜剥離の原因にもなります。この段階で手術は必要となりますが、日常生活で必要な視力が戻らなくなることもあります。
     

糖尿病性網膜症の治療について

糖尿病性網膜症の治療

糖尿病性網膜症は、特に初期段階では進行しても症状が無い場合が多く、状況によってはレーザー治療、手術も必要になってきます。知らないうちに症状が進行していることもありますので、まだ見えるから問題ないだろうという自己判断は大変危険です。
当院では、患者様の症状段階に合わせた適切な処置をご案内致します。そのためにも、定期検診を受診していただくことをお勧めします。

PAGE TOP
  • Pickup Link
  • やぎぬま眼科BLOG
  • モラージュ柏 公式ホームページ