眼科一般診療 日帰り白内障手術 コンタクトレンズ処方

〒277-0837 千葉県柏市大山台2-3モラージュ柏2F

TEL:04-7138-6341

ものもらい

HOME»  ものもらい

ものもらいとは?

ものもらい

ものもらいとはまぶたにある分泌腺に雑菌の感染や脂が溜まるなどして起きる急性の炎症のことです。厳密には下記の2種類の炎症の総称のことを言います。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)…まぶたに細菌が感染して膿が溜まったもの

一般的にものもらいと捉えられているパターンのほとんどはこの麦粒腫の方です。麦粒腫の症状としては痒みや痛み、まぶたが赤く腫れ上がるなどがあります。目が充血しゴロゴロするなどの症状も出ることがあるようです。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)…まぶたに脂肪が溜まったもの

まぶたにある「マイボーム腺」という脂を分泌する腺が、何らかの原因で詰まってしまいデキモノのように白く腫れ上がります。麦粒腫に比べ症状が長引きやすく、痛みもあまりありませんが、ここにさらに細菌が感染し炎症を起こすと化膿性霰粒腫となり痛みを伴います。

ものもらいはうつるの?

よく「ものもらいはうつる」と言われることがありますが、実際には上記のように細菌による炎症や、脂が溜まることが原因のため基本的に伝染性はありません。うつるとされているのはものもらいではなく「はやり目」と言われるウイルス性の結膜炎のことです。

はやり目は非常に高い感染力を持っており、はやり目にかかっている目を触った手で他人の目を触るとかなりの高確率で感染してしまい、またタオルなど顔や手に触れるものづたいでも感染の恐れがあります。感染した人はすぐに眼科で治療を受けてください。周囲の方も入念な手洗いや、タオルなどは別のものを使用する、などの対策をして感染を予防しましょう。

ものもらいの対策

ものもらい

目の周りを常に清潔に保つことを心がけましょう。できるだけまぶたに触らないようにするのは勿論ですが、顔を拭くタオルは清潔なものになっているか、コンタクトレンズは常に綺麗なものを使用しているか、アイラインやマスカラなどのメイクをしっかり落とせているかなど、日常生活において目の周りに関わる事にはできるだけ気を使いましょう。また、ものもらいは身体の免疫力が下がっている時に発症しやすいので、体調が優れない時はより入念に対策しましょう。ものもらいが発症したとしても腫れがそこまで大きくない、痛みが無いからと言って放置はしないでください。悪化する恐れがあるのですぐに受診にいらしてください。

PAGE TOP
  • Pickup Link
  • やぎぬま眼科BLOG
  • モラージュ柏 公式ホームページ