眼科一般診療 日帰り白内障手術 コンタクトレンズ処方

〒277-0837 千葉県柏市大山台2-3モラージュ柏2F

TEL:04-7138-6341

飛蚊症

HOME»  飛蚊症

飛蚊症とは?

飛蚊症とは

飛蚊症とは視界に糸やごみのようなものが浮遊しているように見えてしまう症状のことです。視線についてくる様にうごめくため、その名の通り蚊が目の前を飛んでいるような状態になります。原因としては硝子体という眼球の組織内に何らかの原因で濁りが発生し、その濁りの影が視界に映ることで症状がでます。

加齢やストレスが原因で発症する生理的なもの(生理的飛蚊症)と、目の病気が原因で発症する病的なもの(病的飛蚊症)の2種類があります。飛蚊症を発症している人の多くは生理的飛蚊症であることがほとんどで、これに関しては心配する必要はないと言われていますが、中には病気の前触れで発症している場合もあるため、症状が出始めた方は一度検査されることをお勧めします。

飛蚊症が症状として出る主な病気(病的飛蚊症)

飛蚊症はその他の目の病気の症状として出ることがあります。中には失明に至る危険性のあるものもありますが、飛蚊症はそれらの病気の軽度段階の症状であることが多いため症状を自覚した段階で検査を受診されるのがよいでしょう。

網膜剥離

目の内側の網膜が剥がれていき視力が低下していく病気で、中心部の黄斑部分まで剥がれ落ちてしまうと急激に視力が低下し、最悪の場合失明に至ることもあります。痛みを伴わないため網膜が剥がれていることに気付きにくいのが難点ですが、前兆として飛蚊症の症状が出ることがあります。飛蚊症以外でも急に視力が低下した、暗闇で稲妻のようなものが見える(光視症)などの症状も網膜剥離が原因で発生する場合があります。

硝子体出血

硝子体に眼球内で出血した血液が溜まってしまっている状態のことです。硝子体自体は本来ゼリー状の透明な組織のため、血液が混入することで網膜に光が届かず視界に霧がかかったような状態(霧視)になります。出血が少量のうちは軽度の症状として飛蚊症が発症することがあるため、このような症状が現れた場合、早めにご相談いただくのが良いでしょう。

PAGE TOP
  • Pickup Link
  • やぎぬま眼科BLOG
  • モラージュ柏 公式ホームページ